とっておきの暗記術で勉強効率アップ!

一番のコツは自分にあった暗記術を見つけること

変換法とは?

代表的な変換法をご紹介しましたが、どのような状況で使えば最大限活用できるのか悩んでしまいますよね。
仕事や勉強など数ある場面で利用できるので、少しずつ学んでいきましょう。


誰でも一度は使ったことがあるであろう変換法が語呂合わせ法です。
学生時代、歴史の年号や数式を憶えるために利用した方も多いのではないでしょうか?
語呂合わせ法で重要になってくるのが、実際に暗記対象を映像化つまりイメージをすることです。
また別の言葉に置き換える際にも、元の意味がわからなくならないようにすることも大切です。

他にも有名なのが頭文字法です。
学生時代は、進級するにあたって憶えなくてはいけない単語も増えてきて大変ですよね。
そんな時に便利なのが、関係性のある単語の頭文字をとって暗記する方法です。
自分のわかりやすいように文字を並べ替えて、簡単な文章を作るとより効果を得られます。
友達と共有しあうとなお良いですね。

自分で作った言葉、場所や数字に置き換えて記憶する置換法というものもあります。
これは自分にとって思い入れのある物事に置き換えることによって、暗記しやすくする方法です。
実際に行ったことのある場所、誕生日などの数字、好きな小説からとった言葉等たくさんの事柄に置き換えることができます。
ここでポイントなのが、あまり複雑にしすぎないことです。
一度にたくさん憶えようとして難しくしすぎてしまうと、逆にどのようにして置き換えていたのか分かりづらくなってしまいます。


上記でご紹介した3つの方法は、認知度も高く活用しやすい記憶術だと思います。